利益のある企業


実際のところ、利益のある企業は統計上は7割と書かれていて、毎月1000社の企業が倒産してると書いてありました。
税務上の色んな角度からみてみないと、なんとも言えないかもしれません

ただ鵜呑みにすると儲かってますよ!と言う企業人の言葉は、7割嘘の可能性があると言う事でしょうか?
※偶然儲かってる企業の方だけの話を聞いてるのかもしれません

それだけ事業は難しいものであると思われますが、安定的に目指す目標でもあります。

では事業の成功はなんだろう?潰れる場合の多くは販売不振と言われてる、そこを回避するには?

成功の中身は、やはり優れた才能とそれに投資する為の資金力が問われると思いますし、大企業にはそれが出来ますが、全てが成功でも無いと思います。
逆に費用をかけなければ、販売不振になるリスクが高まると言う事でもあるようです。

販売不振を回避するには、費用・・・

費用は無いけど?

そのせいでしょうか?自作自演でつぶやいてると指摘されてる企業も出てきてます。

私も同様に、費用をかけずに、売り上げアップ出来る方法を考えます。

まず私が着手してるのは、「優れた才能」の模索です。

決して利益優先ではないと言う理想の中で、たどり着くのは人脈です。

お金は、確かにかかってるのかもしれませんが・・時間をかけて育んで来た、心からの交流の中に、「優れた才能」それはあったりします。

才能を繋いで行った、その結果は、不安定で流動的な事かもしれませんが、後々にお伝えするとして、30年も経てば、その努力が花開いていて才能となり、その友好的な関係がまだ残ってる繋がってる事もあると思います。

勿論私自身の努力も、時を経て認めて頂く為の結果や相手から見た価値も私に必要で求められたりもしますが、人と人の長い年月の繋がりがプライスレスで度外視されて、魅力的なコンテンツとして、信頼を築き繋がって行く事があるかも知れません

いずれにしろ、内容の濃い人間関係や友人関係を築いていたなら、人と人の繋がりが育っていて花開く時なのかもしれません

私の築いて来た物が確かな物なのか?私自身の目で見て行きたいと思います。

メカネットワーク運営のサロンの建設


お陰さまで、メカネットワーク運営のサロンの建設予定地を、6月吉日に無事取得致しました。

その事に関しまして、方向の修正があり、当初土地は、代表者名義で取得し、増資の後に、会社名義の建物の建設を予定していました。

前記の部分で、既に代表者名義で取得した土地に、建物も代表者の名義で建設し、運営を株式会社メカネットワークとして行う事と致します。

今後は建設請負会社様数社の中から選定し早ければ8月後半から9月着工を目指し年内の完成、運営開始を目標として参ります。

今後も変わらぬご愛顧の程宜しくお願い致します。

株式会社 メカネットワーク
代表取締役 銘苅光好

小さいから出来る事がある。


小さいから大きい企業に勝てない?
と言うのは本当だろうか?

1拠点しかない小さい企業の一生懸命の投資が10000円が目一杯だったとして、1000拠点ある企業が10000円投資したら、どうなるだろう?

10000000万円、種類が10種類有れば100000000円を投資するのに稟議は簡単に降りるのだろうか?

一生懸命努力すれば、それが本当に価値のある努力であれば、微笑む神様もいるかも知れない・・

Mzサーバが進化して、より便利になります。


価格はそのままに、簡単にホームページが作れる新サービスアプリケーションをオリジナルブランドサーバで実装予定です。

Google対応や簡単にレスポンシブウェブサイトに対応等、の便利な機能をリリースします。

無償Ver有償Verがあります。

オリジナルブランドMzサーバにご期待下さい。

メカネットワーク

これから先のクラウドと社会事情


1.2010年以降はデータセンターやホスティング等のクラウドを含めた事業は失速の傾向と見られている。

2.国内の他の業種を見ても、大手の飲食チェーンの人手不足も深刻で、規模縮小を余儀なくされている。

経営の先行きは決して楽観できる物ではないと思われます。

大局的に原因を見てみると、アルバイトやパートの不足も原因の一つではないか?と私は考えています。

受験シーズンも終わり、入学シーズンで取り上げられていましたが、都心の大学への学生離れが起こっていて、地方の大学の学生は増えてる様な事を報道していました。

考察してみて、勝ち組と負け組みと言う古い言い方をすれば、貧富の差が大きく広がり、地方から都心の大学へ進学する学費を拠出する事が難しくなっている事や、少子化の原因にもなっていると思います。

進学が難しくなっている事だけが原因であれば、職の少ない地方から都心への労働力の揺り戻しは、確実に起こって来る事なので憂う必要は無いと思いますが、地方では女子の減少から都市が消滅する事も取り上げられ報道されていましたので、全体的な人口減少から、将来的な労働力を永続的に地方に求めるのは、難しいかも知れません

経済的なバブル崩壊を経験して、その次は労働力的なバブルの崩壊が現実味を帯びて来てるのではないか?と危惧しています。
人が少なくなる事は、ITからクラウドと、どの様な業態のビジネスでも良い影響を与えないと思います。

ただ優勝劣敗はどの時代にも起こっている事象なので、どの様な条件化であれ、勝ち残りビジネスを先に進める方法を常に考えたいと思います。